とくたけ日本を保守する!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める東京地裁判決

<<   作成日時 : 2006/09/22 06:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

産経新聞によると
 東京都教育委員会が卒業式などの行事で、教職員に国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めているのは、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとして、教職員ら401人が、起立と斉唱の義務がないことの確認のほか、慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法」として原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。
 都教委は平成15年10月、学校の式典での国旗掲揚や国歌斉唱時の起立などを求めた通達を出しており、これまでに通達違反として延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。判決は通達違反を理由にした処分も禁じており、都教委の対応に影響を与えそうだ。
 訴訟では(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか(2)都教委の通達は違法か(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか−が主な争点となった。
 難波裁判長は「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と述べた上で、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきで、起立や斉唱の義務はないと判断した。
 通達については、「合理的な基準を逸脱している」とし、「教職員が起立や斉唱を拒否しても、式典の進行や、国旗と国歌に対する正しい認識を生徒に教えることを阻害するものではない」と述べた。
 難波裁判長はこうした判断の上で、「原告の教職員は義務がないのに起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」として、都に慰謝料の支払いを命じた。
 都の中村正彦教育長は判決を受け「主張が認められなかったことは大変遺憾。判決内容を確認して今後の対応を検討する」とのコメントを発表した。
 小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。
ということである。
最近おかしな判決をよく目にするが、今回の判決も非常に馬鹿げている。
まるで左翼思想に毒された裁判長・401人の教職員による茶番劇である。
教育の荒廃が叫ばれて久しいが、このような左翼思想に刷り込まれた都教組が跳梁跋扈するような社会は異常である。
このような憂うべき教育現場では教育の再生は望むべくもない。
左翼の自虐史観を振り回す連中が、神聖なる裁判所・教育現場で虚構の歴史を作るのは断じて許せない。
そんなに日の丸を嫌い、国歌を嫌い歌いたくないなら最初から都の教職員にならなければ済んだ事である。
公務員としての責任ある立場なら都の方針に従うのが当然の義務である。
401人の教職員はその事を無視し、自分以外の生徒達をたぶらかし、起立や国歌斉唱を歌うなと教え、同時に校門の前でビラを配った。
難波裁判長は妨害する行為を肯定し、都に罰金まで支払う事を命じた。
これを茶番劇と言わず何と言うのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
?????????????????????????????
&?&?&&&&&?$?&&Τ?&&?&?&&Х?&&&&&&?&&$&&&&&&?&&&??&???&???&&&&&ι&&?&&&Ω&??&?&&&&& ...続きを見る
??????????????????
2007/01/11 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める東京地裁判決 とくたけ日本を保守する!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる